Top > 逆流性食道炎 > 逆流性食道炎は肥満を解消するといいらしい

逆流性食道炎は肥満を解消するといいらしい

先日、病院を受診した時に、もう少し痩せると逆流性食道炎に伴う胸やけなどの症状を軽くすることができると言われました。

肥満と胃食道逆流症には、明確な相関関係があり、太るほど、お腹が出れば出るほど起こりやすくなることが様々な研究で明らかになっているようです。

また、太ると起こりやすい理由としては、痩せてる人に比べて、食道と胃の間のしまりが緩んだ時にたくさんの胃液が食道の中に逆流しやすいことが報告されているようです。

 

更に、太っている患者さんが痩せると逆流性食道炎が良くなっていくことも報告されています。

この為、太っている患者さんにはダイエットをしたり、運動をしてもらって痩せていただくことが薬をやめた後に再発しないようにするもつとも確実な方法と先生に言われました。

 

ですが、運動は苦手なので何か良い方法がないかと思っていました。

そんな時に、細川晶生先生の細川式逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法を知りました。

 

最初はストレッチなどのエクササイズで本当に良くなるのか半信半疑でしたが、自分で簡単にできる方法だったので試してみることにしました。

やりはじめて1か月後には、胸やけなどもしなくなり症状が軽くなりました。

これまで薬をやめるとすぐに再発していたので本当に助かりました。

逆流性食道炎

関連エントリー
逆流性食道炎は肥満を解消するといいらしい
カテゴリー
更新履歴
手話は単語の成り立ちを知ると覚えやすい(2018年6月10日)
逆流性食道炎は肥満を解消するといいらしい(2018年4月10日)
着物の買取(2018年4月 8日)
闇の伴走者のキャスト(2018年3月24日)
英語学習のポイント(2018年3月21日)